お散歩は大事。

小型犬。

お散歩に行かず、お庭やベランダで排泄を済ませている子。

 

すごく多いです。

 

犬自身がお散歩が嫌いだったり、飼い主が億劫で行かなかったり。

 

 

売る側のペットショップも、

 

「小型犬だから お散歩はそんなに必要ないですよ~」的なことを言ったりする。

 

はい……??

 

そんなショップ店員に言いたいです。

お散歩に行っていない子をトリミングやってみてください、と。

 

噛むのは当たり前。テーブルから飛び降りるわ、シンクから飛び出すわ、他の犬に唸るわ。

 

我慢がね、出来ないんですよ、全然。

要は、わがままなんです。

 

いつも自由だから。

自分が一番エライから。

 

飼い主はもちろん、人間を下に見ている。

 

イヤだと言えば、やめてくれるのを知っているから、暴れるんです。逃げるんです。

 

 

お散歩は排泄をさせるためだけの時間なのでしょうか?

私はこう考えます。

 

【お散歩】

リードを飼い主が持ち、全てをコントロールする。⇒ 自分の行きたいほうには行けないことを学ぶ。

赤信号で待つ、通行人がきたら端に除ける。⇒ 飼い主が「良し」というまでは動いてはいけないことを学ぶ。

 

色々な人に触れ、色々な音を聞き、多くの刺激を受けて、臆病な性格が少しずつ解消していく。

 

 

人間の子供には当たり前にやっていること、どうして犬には出来ないのかな。。。

 

雨や雪の日にまで行ってください、とは言いませんから。

 

せめて1日に1回は、お散歩、お願いします。

 

 

高齢犬になって、嫌がることがもっと増えたら、本当に誰も触れなくなります。

病院の先生に診察してもらえない。

トリマーに爪切りもしてもらえない。

 

飲み薬を飲ますことも、目薬をさすことも、

排泄で汚れた箇所を拭くことも、嘔吐して汚れた口周りを拭くことも。

 

何1つやってあげられなくなる、と考えたら、今のわがままをそのままにできますか?

 

 

ペットは大切な子ども。

だからこそ、我慢をちゃんと覚えさせることも大事だ、と私は思っています。

  • イベント情報
  • スタッフ紹介
ページトップへ戻る